Archive for NY

Blog移転のお知らせ

このBlogは移転しました。

http://www.youyou1976.com/blog/

広告

Leave a comment »

NYの件終了。

NYの件、終了です。
本日未明、人事担当から連絡があり、今回採用を見送る旨の連絡がありました。人事のボスから自分の採用を見送るようにとの指示があったそうで、それ以上の詳しい事は彼にもよくわからないそうです。彼の推測では、会社上層部の判断ではなかろうか、ということですが、非常に不可解です。

一連の対応から不可解でしたが、幕切れも非常に不可解。正直、こんな対応するところは行かなくて正解だったかもしれません。何なんだ一体って感じです。

というわけでこのブログの一つのテーマも区切りを付ける事になりました。今後の事はちょっと考えます。

Leave a comment »

NYの人と連絡ついた

そうそう、このところ軌道修正気味のエントリが続いているけど、今週月曜から毎日朝晩連絡をNYの人事担当と取りまくった結果、木曜日に連絡がついたんだよね。

んで、話した結果。ビザが発給されればすぐに渡米出来そうなE1ってビザは、お勧め出来ないと弁護士に言われているそうで。今更ながら、親会社での経験不足ということらしい。そんなこと今の段階で言い出す事じゃないよね?そんなことも検討しないで採用です、なんて言ってたわけ?ビザがないと働けない事も面接の段階から言ってますよ。

それで今次のオプションを検討しているそうな。具体的には、どんなに頑張っても10月からしか発給されないというH1Bというビザね。しかし、これは国ごとに発給枠があるという話(公にはされていないが、あるらしい)なので、そもそもその枠にひっかかってないか弁護士に調べさせているということなのだ。

というわけで、仮に行けたとしても最短で10月という事になったし、今の対応では自分の感覚として行ける見込みは3割から4割くらいかなあ、というところなので、軌道修正となったわけ。

ところで、人事担当に「何でメールしても無視だし、電話しても出ないわけ?」と問いただしたところ「何も状況に変化がないから返事しなかったし、電話も出なかった」だとよ。あのさぁ、そういう問題じゃないよな。「状況に変化がないからって、相手のメールを無視したり、電話に出なくてもいいのか?何も無ければ変化ないよ、と一言言えばいいだろう?」と返しても「変化がなかったから」の一点張り。この人、物凄く人間的に問題があると思う。そして、この人の上司に対して、自分の上司となる予定の人、自分をスカウトしてくれた人(いずれも向こうで部長クラスの人)からクレームを入れてもらったが状況の変化が無いという事で、人事としても現在の対応に問題がないという認識なんだろうな。この辺りも、先方に対する不信感、軌道修正の一因になっているというところだね。

Leave a comment »

目的と手段

NYの件。

オレはNYに行く事が目的になっていた。それは違うだろ。そう考える。

前回のエントリで振れた通り、キャリアの次のゴールはプリセールスSE。語学力を向上させて、日本だけでなく、世界中の国とビジネスがしたい。

それがかなえられれば、別に国内でもいいではないか。NYは一つの選択肢ではあるが、それに必ずしも固執する必要は無い。また、排除する必要もない。繰り返しになるが、選択肢の一つである。

よって、他の選択肢を模索してみる事にした。外資系の転職サイトに登録。早速エージェントから問い合わせあり。なので、まずは話を聞きに行って、自分にニーズがあるのか、自分の目標とする案件があるのか、話をしてこようと思う。視野は広くもって。

Leave a comment »

前向きに。

NYの件、文句ばかり言っていても始まらない。人は変えられない。

少し、視点を変えてみることにした。そもそも、自分はNYに行ったとして、何をしたいんだろう。その先のものは何なんだろう。

自分はネットワークエンジニアとして、まず保守・運用から入り、その後勉強をして構築・設計・提案とより上流に関われるようになってきた。この後どうしていくか。

1.通信事業者の経験:5年 WANに精通、中核
2.Switch,FW,UTM,WAN高速化装置等の経験:3~4年、第二の核

世の中インフラの定義がクラウドとかSaaSとかPaaSとか言うキーワードも出てくる中で、ますます上位レイヤを含めたものになっていってる。このあたりの経験値不足をどうするか?それとも上流工程に行っちゃうか?はたまた1と2をさらに深堀して通信事業者のプリセールスという手もありか。しかし、テレコム一択はリスクがある。NIer、SIer、ISPなどの選択肢も取れる状況にはしたい。となると、やはり上位層の経験を積むべきかもと思っている。

だが中期的なゴールはプリセールスで間違いないであろう。ITはビジネスをサポートするものでしかないのだから、いかにビジネスに寄与していくか、その課題解決こそ本当のゴールだろう。個々の技術はあくまで手段でしかない。目的ではない。ここはぶれてはいけないところである。

そういった意味では、NYの話は”Presales-SE”というポジションなので、ゴールからずれてはいない。しかもテレコムというより、その先LAN側、さらにVirtualizationやVoice,セキュリティといったトレンドも含むものである。十分に選択肢になる。さらに英語のimproveという点では、米国は申し分ない。マイナスは、企業としての体質であろう。他人依存、事なかれ主義、官僚的体質。縦割り。

Leave a comment »

3日連続電話しても出る気配なし。

例のNYの人事の人、凄いな。

3日連続、昼も夜も電話しても全く出る気配なし。間違いなく着信拒否しているな。何が気に障ったかはわからないし、こちらも状況が状況だけにかなり強い態度で臨んでいるからそれが気に食わないかもしれないが、”気に食わない”はこちらの台詞という感じですよ。

全く凄い事態だな。しかしここまで来たらやり切る覚悟なので、引く気はないよ。

Leave a comment »

NY渡航の荷物を軽くしよう

相当気が早いけど・・・荷物を少しでも軽くしようというキャンペーン中。

キャンペーン概要

  1. CDをiTunes取り込みまくり。
    300枚くらいあるけど、3日かかって残り60枚くらいまで来た。
    PCに取り込んで、CDは実家に置いていく。
  2. 書籍の電子化
    これは、今の著作権法では正直グレーだと思っているが、それを承知で、こんなものもあるのだよ、というご紹介。
    自分の所有している書籍をスキャンしてPDF化してくれるサービスがある。例えば、こちら。

    BOOKSCAN

    こちらに会員登録をし、スキャンして欲しい分の料金を前払い。1冊100円、OCRオプション(テキスト検索が可能になる)をつけると100円プラス、ファイル名変更を頼むと50円プラス。そして本をスキャニングセンターに送るとスキャニングし、PDF化してくれる。PDF化した書籍は、ネット上のユーザ専用頁からダウンロードする。本そのものはBOOKSCANが廃棄処分する(再利用を防ぐため)。

    現在申し込みが殺到しているようで、納期は2ヶ月半くらい。しかし、月額9980円支払うと、プレミアム会員というものになることが出来て、月額50冊まで優先して納期1日から1週間で対応してくれる。

    んで、今スキャンして欲しい書籍が100冊はあるので、プレミアム会員になってしまった。プレミアム会員はオプションのOCRとファイル名変更サービスも追加料金なしで対応してくれるので、お得感がある。

    さらに、プレミアム会員になると、Amazon.co.jpや楽天BOOKSで購入した本をスキャニングセンターに直送して、PDF化もしてくれる。このサービスは渡米してから日本の本を買いたくなったときにも非常に役に立ちそうだ。ただ、今後毎月50冊もの本を購入するとは思えないので、ずっとプレミアム会員であり続けるかは微妙だが、日本からの送料を考えれば加入し続ける価値はあるかもしれない。

    それで、PDF化した書籍を読むために・・・iPadを買ってしまった!元々iPadには興味があったし、具体的な利用シーンが見つかったので購入する価値はあるかなと思い。結論から言うと、非常に役に立っている。IEWBのテキストを全て放り込んで、印刷せずiPad上で見ながらラボの勉強ができる。電車の移動中に閲覧することも出来るし。今後も活用し続けられる事を考えると、投資効果は高いんじゃないかな。

    購入したiPad

Leave a comment »