エージェント評価

M社:外国人エージェント。下手な鉄砲数うちゃ当たる系。スクーリングかける様子ない。要注意。大手のため、持ってくる案件はいいので、情報はキャッチし続けるのが吉。

E社:日本人エージェント。正確にはエージェントではないが、エージェントの動きもされている。具体的な案件はないが、人の話を良く聞いて、マッチングさせようという意識が感じられた。エージェントの方の人柄もGreat。業界交流イベントのようなこともやっているようなので、思わぬ掘り出し物案件があるかも。keep in touchで。

H社:日本人エージェント。現実を見て、クライアントにクリアしやすいハードルを設定しようという印象。しかしあまりチャレンジはしない印象か。大手で案件も多く、エージェントの対応も悪くないので、lowest watermarkという位置づけ。

G社:日本人エージェント。クライアントの希望にマッチし、少々チャレンジでも前向きに対応して行こうという姿勢あり。レジュメに対する具体的なアドバイスもあり。少し高いハードルを超えようとしている自分に取って、highest watermarkという位置づけ。

印象として、

G社>H社>>>M社
E社は長いスパンでkeep in touch、ちょっと別枠といったところ。しかし何かが出そうな雰囲気はある。

来週あと2社と会ってそろそろ打ち止めにしようと思う。これ以上会っても、紹介される案件が増えるとは思えないので。逆に履歴書を乱発する弊害が出る。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。