IEWB Vol.1をDynamipsで計画 その1

家族や自分自身の体調不良でこのところ更新が滞っておりました。久々の更新です。

レンタルラボ派の私としては、なんとかレンタルラボの利用は最低限に押さえて、Dynamipsを出来る限り活用したいものです。

Vol.2については、いわば模擬試験のようなものですから、レンタルラボを使わざるを得ないわけですが、Vol.1については、レンタルラボを用いなくても、Dynamipsで対応出来るシナリオがありそうです。

とりあえず、
2.Frame-relay
についてはDynamipsでも対応出来ることが確認できました。

3.IP Routingも3-8まではDynamipsで対応出来ました。

ですが、Initial configを多少修正する必要ありです。なぜなら、DynamipsではSwitchの代わりに16ポートのNMを使用しているからですね。言うまでもなく、Cat3560&Cat3550は24ポートのスイッチですから、その辺りを修正する必要があります。また、DTPにも対応していませんので、その辺りも修正の必要ありです。

Dynamips用のConfigは次のエントリで公開します!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。