CCIE R&S 対策を本格化します。

ITベンダである、Cisco systemsの認定資格、CCIE。

これはCisco systemsという会社が、自社が提供している製品やサービスを扱うエキスパートであると認定するものです。持ってなくてもCiscoの製品を扱うことは出来るのですが、資格を持つことにより顧客からの信頼度も増しますし、自らの市場価値を高めることも出来るのです。

この資格ですが、CCIEとして認定されるためには以下2つの試験に合格する必要があります。

1.2時間の筆記試験

CBT(Computer Based Test)による筆記試験

2.8時間のラボ試験

新宿にあるCiscoのラボ(ネットワークの機器が沢山置いてある部屋)に行き、8時間の実技試験を受験

この2つの試験に合格して、初めて”CCIE”として認定されるのです。

試験の時間も相当なものですが、受験料も相当なもので、

筆記試験:44,100円

ラボ試験:174,825円(!)

もかかってしまうのです!!もちろん、試験に受からなければ、このお金はただ水の泡と消えてしまうだけ・・・

自分は4年前、既に1.の筆記試験は合格しているのですが、この試験には有効期限がありまして、合格してから18ヶ月以内にラボ試験を受験しないと、もう一度筆記試験から受け直さなければならないのです。

というわけで、水曜日に再度筆記試験を受験しに行きます。とりあえず、一度合格しているし、良い教材を入手したので、すんなりパス出来るとは思うのですが。そのため、この三連休は筆記試験対策を頑張っています。

実は筆記試験を受けると決めたのは今月に入ってからでして、何故こんなにも急に筆記試験を受けることに決めたかという話をしたいと思います。

何しろIT技術は日進月歩どころか、秒進分歩、いやそれ以上の変化が激しい世界ですので、試験の内容も日々変化していきます。この試験も例外ではなく、10月18日から、Ver4.0という新しい試験内容に変更になります。

ですので、とりあえず試験が変更になる前に、せめて筆記だけでも受かっておこうということですね。筆記に受からないと、ラボを受けることすら出来ないのです。

ただ、仮に筆記に受かったとして、今からラボ対策を始めるというのは、一番悪いタイミングかもしれません。何しろ試験についての情報が少ない状態ですから。

でも、やると決めたときにやらなければ、いつまでたっても目標は達せられません。事実、CCIEを取ろうと思い立ったのは5年前のこと。随分と時間が経ってしまいました。しかし、過ぎた時間をあれこれ考えても元に戻るわけではないのだから、前に進んでいきたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。